家庭教師で偏差値を挙げて中学受験突破

我が家の娘は非常に心配性で小心者。中学受験用の塾でははきはきとした優等生タイプの友達に囲まれて必要以上に委縮してしまっていました。自分に自信がないからか、6年生になってから偏差値も思うように上がらなかったので本人も親も非常に心配していました。しかし、塾のほかにも家庭教師を利用していたという親戚の先輩親子の話を聞いて、我が家でも家庭教師の先生に塾で理解ができなかったところや予習、復習を頼むことに決めました。
家庭教師の先生は、沢山の経験を持っており、娘の理解が足りていないところなどをしっかりと分かるまで指導してくださいました。さらに、先生は親の私にも中学受験は親の協力が必要で、どのようなことを重点的に行えばいいのかまでアドバイスしてくださり、その結果娘の偏差値は夏休みを超えたあたりから伸び始めました。そして娘の偏差値が上がって十分に自信が付いたところを見計らって、過去問対策を開始していただきました。どの学校にもある特定の傾向があり、中学受験を突破するには過去問研究が必要だと先生はアドバイスをくださりました。そして、先生のアドバイス通り過去問をひたすら解き傾向をつかんだことで娘は実力も自信も付けることができ、結果的に第一志望校に受かることができました。